1. TOP
  2. プランターで始める家庭菜園!初心者でも簡単に育てられるおすすめ野菜と道具
Sponsored Link

プランターで始める家庭菜園!初心者でも簡単に育てられるおすすめ野菜と道具

家計 暮らし
この記事は約 7 分で読めます。 606 Views

「家庭菜園を始めてみたいけど、ちょっと難しいかも」なんて思っていませんか?

初心者でも簡単に育てやすい野菜って意外とたくさんあるんですよ。

 

今回はマンションのベランダでもOKな、プランターで育てられるおすすめ野菜をご紹介します。

 

また家庭菜園におすすめの季節や揃えておきたい基本の道具なども合わせてご紹介します。

何から始めたら良いかわからない方、虫が苦手な方も是非チェックしてみてください。

 

Sponsored Link

家庭菜園デビューに最適な季節はいつ?

一番おすすめなのは春です。

春は植え付けできる野菜の種類が豊富なので、好みの野菜を選びやすいですよ。

 

春は暑すぎず寒すぎず気候が良いので、他の季節に比べて作業しても疲れにくいです。

家庭菜園は少し重いものを持ったり腰をかがめて長時間作業したりと、なかなか体力を使います。

特に始めたばっかりだと慣れていないので余計時間がかかってしまいます。

 

また野菜の種類によって適切な植え方や育て方があります。

どんなに育てるのが簡単な野菜だって、もし適当に扱ってしまったらうまく育たなかったり枯れてしまったりすることはよくあります。

育てたい野菜が決まったら、植える前に必ず本やネットで情報を調べておきましょう。

冬の間に知識を蓄えておくと良いですね。

 

春に植え付けできるおすすめ野菜

準備ができたらさっそく植え付けです。

春におすすめなのは以下の野菜です。

家庭菜園1

・ミニトマト

・ナス

・キュウリ

・ピーマン

・ししとう

・枝豆

・オクラ

・ゴーヤ

・大葉

・バジル

・パセリ

・空芯菜(エンツァイ)

・モロヘイヤ

・さつまいも

・とうもろこし

・小玉スイカ

ホームセンターや園芸店などに行くと野菜の種や苗が置いてあります。

どちらでも良いですが、苗から育てた方が簡単です。

種と苗どちらのタイプでも販売されている場合は苗を選ぶようにしてみましょう。

 

初めてなら特に大葉がおすすめですよ。

多少ほったらかしにしておいても日当たりが悪くても結構ちゃんと育つことが多いので楽ちんです。

 

こうして見てみると夏が旬の野菜が多いですね。

夏野菜を選んでおくと春に植えつけて次の季節にはすぐに収穫ができるのでおすすめです。

収穫はとても楽しいイベントなので、初めてなら早めに体験できた方が良いですよね。

 

 植え付け時期が長いおすすめ野菜

春の次に植え付けがしやすいのが秋です。

野菜の種類によっては春と秋の2シーズン、または春~秋にかけての3シーズン植え付けができる以下のような野菜があります。

家庭菜園2

・ミント

・ルッコラ

・リーフレタス

・サラダ菜

・アイスプラント

・ラディッシュ

・スイスチャード(不断草)

・ほうれん草

・小松菜

・ジャガイモ

・カブ

・ミニダイコン

この中なら特にラディッシュがおすすめです。

真夏と真冬でない時期、ほとんど年間通していつでも植え付けすることができます。

別名ハツカダイコン(二十日大根)と呼ばれているほど種まきから収穫までの成長が早いです。

また食べる部分が土の中で守られていますし、わりと虫にも強いので育てやすいですよ。

二十日大根

 

 初心者がそろえたい基本の道具

ここでは最低限そろえておきたい道具と、あった方が良い道具についてご紹介します。

ホームセンターや園芸店ならいろいろなものを見比べながら選ぶことができます。

また最近では100円ショップでも十分使えるものが売られていたりしますよ。

 

最低限必要なもの

プランター苗

・プランター

・培養土

・種か苗

・殺虫剤

 

プランターは深さが30cm以上あるものを選ぶようにしましょう。

根菜など根が長くなりやすいものだと、もっと深いものが必要になる場合もあります。

また葉ものを育てる場合は思ったよりもかさが増えることがあるので、大きめのサイズを選んでおくと便利です。

 

初めてだとどんな土を選んだら良いかわかりませんよね。

土には肥料が入っていないものと、あらかじめ肥料が混ぜ込まれているものがあります。

最初は肥料が混ざっているものを購入してみましょう。

野菜用の培養土が販売されていますので、こういったものを使うと便利です。

 

意外と大事なのが殺虫剤です。

家庭菜園に虫はつきものですので防虫対策は必須です。

せっかく育てていても虫に食われてしまえばダメになってしまいますよね。

人体に無害なものが売られていますのでぜひ使うようにしましょう。

 

しかしどうしても薬を使いたくない場合は、防虫ネットなどで保護する方法もあります。

通気性がありそのまま水やりもできますし、寒い時期は霜からも野菜を守ってくれます。

 

場合によってあった方が良いもの

きょうり

・肥料

・鉢底石

・支柱

どの野菜も肥料を与えすぎてしまうとダメになってしまうので注意しましょう。

種類によっては土に含まれている肥料だけで育つものもあります。

しかしトマトやキュウリなど、適度に追肥が必要なものを育てる場合は用意しておきましょう。

 

鉢底石は土の下に敷き詰める軽石のことです。

これがあると水はけが良くなり、根腐れを防ぐことができます。

プランターの種類などによっては必要ない場合があります。

 

ツルが上に伸びるゴーヤやナスなどを育てたい場合は支柱を活用しましょう。

支柱に這わせて育てるとバランス良く日に当てやすくなりますし、収穫しやすくなります。

 

 家になければ買っておきたいもの

わざわざ買わなくても家にあるものが使える場合もありますよね。

お店に行く前にこれらのものがあるかチェックしてみましょう。

ガーデニング道具

・スコップ

・じょうろ

・剪定バサミ

・メジャー

野菜の種類によっては間引きが必要なものもあります。

そんな時は剪定バサミがあると便利です。

また実がなるタイプの野菜は収穫の時にもハサミを使いますのでぜひ用意しておきましょう。

 

また意外と見落としがちですが用意しておいた方が良いのがメジャーです。

「鉢底石や土は何センチの高さまで敷き詰める」とか「株と株の間は何センチ空けて植える」など、ちゃんと測らないとわかりづらいこともあります。

 

作業中に身に着けておきたいも

慣れないと1日仕事になる可能性もあるので、装備品はしっかり揃えておきたいところです。

日差しから肌を守ったり、手足が保護できるものを用意しておきましょう。

・帽子

・手袋

・長靴

特に女性にとって手袋は必須です。

素手で土いじりをしていると爪の間に土が入り込んでしまってなかなか取れなくなることがありますよね。

また虫が苦手な方はちょっと厚めの手袋をしておくと気にせず作業しやすくなります。

「ガーデングローブ」と検索すると素敵なデザインで機能的なものがたくさん出てくるので、是非おしゃれなものを探してみてくださいね。

 

まずはチャレンジ!

ご家族の健康のため・美容のため・節約のために家庭菜園を始める方が増えてきています。

自分で育てた野菜があると料理も楽しくなりますよね。

また野菜があるとお庭やベランダも華やかになります。

余裕が出てきたらガーデニング用の雑貨などで飾りつけたりしても素敵ですよね。

まずは簡単なものから是非チャレンジしてみましょう!

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • 和食中心?体脂肪を減らす食事のはじめ方

  • あなたの栄養偏っていない?栄養バランスチェックしてみよう!

  • 健康と美しさは隣り合わせです

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • 健康的な髪に!細い髪の毛を太くする方法7つ

  • 女性の悩み!生理前のイライラを解消する5つの方法