1. TOP
  2. バナナの栄養をまるごとご紹介!美容やダイエットにも効果が高い!?
Sponsored Link

バナナの栄養をまるごとご紹介!美容やダイエットにも効果が高い!?

ダイエット 健康管理 暮らし 栄養 美容
この記事は約 5 分で読めます。 138 Views

身近な果物のバナナ。

スーパーなどでとても手軽に購入することができます。

しかもバナナはお手頃価格です!安い時はひと房100円以下で買えたりします。

そんな身近なバナナ、実は栄養豊富な食べ物だったのです。

そんな手頃なバナナで美容効果とダイエット効果を。

知られざるバナナのパワーを紹介します。

 

 

Sponsored Link

バナナの栄養成分

バナナの栄養成分はたくさんあります。

・タンパク質

・ミネラル

・カリウム

・ビタミンB1、B2、B6

・ナイアシン

・食物繊維

・ポリフェノール

・葉酸

・セロトニン

・カルシウム

その他炭水化物やリン、マグネシウム、鉄、亜鉛も含まれています。

 

バナナにはこれほど栄養成分が入っているのです。

馴染みの深い成分から初めて聞くような成分まで。

これらの一つ一つには美容効果はもちろん、健康効果やダイエット効果が期待できる成分もあります。

バナナはお手軽なのに栄養豊富な果物なのです。

バナナは高カロリーな果物と思われがちです。

確かにバナナ1本のカロリーはごはん1/2杯に相当します。

炭水化物が多い果物として知られていますが、その他に普段の食生活で不足しがちな栄養素がバランスよく含まれているのです。

 

 

バナナの効果や効能

 

美肌効果

バナナに含まれるビタミン類は肌荒れを防ぎ、肌代謝を高め、潤いを与えてくれます。

肌の酸化の予防もできるためアンチエイジング効果も得ることができます。

 

ダイエット効果

ビタミンB1、B2は糖質の代謝をサポートしてくれます。

新陳代謝を上げダイエット効果が見込まれます。

ポリフェノールで冷え対策にも。むくみにくい体質を作り、痩せやすい体へと仕上げてくれます。

 

便秘の改善

ナイアシンや食物繊維は腸内環境を整えてくれる性質をもちます。

便秘の解消だけでなくダイエット効果と美肌効果も一緒に得ることが出来る成分です。

 

ストレス解消

ポリフェノールとセロトニンは共にストレスに強くなる性質を持っています。

食べ物からストレス対策が出来るのです。

ストレス社会の現代にはとても嬉しい栄養成分なのです。

 

妊婦や赤ちゃんに必要な葉酸

葉酸は妊娠前から妊娠中期まで、産後の授乳期にも必要な栄養素です。

葉酸が不足していると不妊やダウン症のリスクが高まります。

葉酸は貧血も予防してくれるため成長期にも必要です。

バナナにはこんな葉酸も多く含まれているのです。

 

月経前症候群の予防(PMS)

ビタミンB6は月経前症候群を軽減する効果を得ることができます。

その他動脈硬化の予防にもなります。

 

 

バナナを食べるタイミングは?

ずいぶん前に朝バナナダイエットが流行りました。

その通りバナナは朝に食べるのが良いとされています。

昼食や夜食をバナナに置き換えることはやめましょう。

もちろん朝もバナナだけで済ませるというのもNGです。バナナは不足しがちな栄養素を補給してくれる食材です。

バナナは高カロリーなため1日のエネルギーを摂取できる朝食に食べるのがベストです。

 

ダイエットだからといって朝食にバナナだけは実は危ない?

朝食をバナナに置き換えるダイエット。

これは健康的に体重を落とすことが可能かもしれません。しかしリバウンドもしやすいのです。

リバウンドを繰り返している体は痩せにくくなります。

朝食で食べた物は1日のエネルギー源に変わります。そのため朝食はたくさん食べても太りにくいのです。

普段通りの朝食にバナナを加えることで様々な効果を得ることができるのです。

サプリメント等、補助食品と思ってバナナをプラスすると良いでしょう。

 

 

まとめ

一番馴染みの深い果物のバナナ。

バナナ1本にたくさんの栄養素が含まれているのですね。とても手軽に購入できるためついつい見過ごしがちでした。これからは家族みんなで積極的に朝食に取り入れようと思います。

私が妊娠中は葉酸サプリを服用していました。バナナを毎日食べていれば服用する事もなかったのに、もった早く情報を得たかったですね。

葉酸だけでなくたくさんの栄養成分も入っています。亜鉛はカキ等あまり食べない食材にしか含まれていないものだと思っていました。

亜鉛は健康にも病気の予防などにも良いとされています。バナナで手軽に摂取できるのはとても嬉しい事だと思います。

バナナを上手に取り入れて美容効果とダイエット効果を期待したいと思います。

私は特に産後のダイエットに使用しようかと思っています。

母乳で育てているため運動や無理なダイエットはNGです。

しかしバナナなら栄養も一緒に摂取できるので安心してダイエットができそうです。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • スピード勝負!?1週間で痩せる方法でダイエットを達成しよう

  • ホルモンバランスとタンパク質の関係

  • ドライヤーか蒸しタオルでメイク前の血行改善でクマを撃退!

  • 美肌になるのは意外と簡単!お金をかけずに手軽にキレイになる方法!

  • 目立ってしまう!手の甲にたくさんできたシミを消すおすすめの方法

  • 緑茶に含まれているカテキンの期待できる効果・効能7選!