1. TOP
  2. 40代からの美容法が知りたい!美白は内と外から生み出してみよう!
Sponsored Link

40代からの美容法が知りたい!美白は内と外から生み出してみよう!

美容
この記事は約 6 分で読めます。 548 Views

40代を迎えると、若い頃と同じ美容法をしていても以前のように肌が答えてくれなくなります。

美白に気をつけていても、シミやくすみが目立ってしまい、透明感を感じにくくなることもあるでしょう。

こうした40代のお肌のためには、それに合わせた美容法が必要です。

正しい美白ケアが分かれば、40代でもシミやくすみのない若々しい肌を作ることができるでしょう。

ポイントは外側から成分を与えるだけでなく、肌から「取る」ケアや内側からのケアも取り入れることです。

 

 

Sponsored Link

40代の肌はターンオーバーが衰えがち

40代の肌が若い頃と違うのは、新陳代謝のスピードです。

肌は角質層をはじめとした層の構造になっていて、上の層が古くなって剥がれ落ちるとその下の層が現れるというサイクルで健康で美しい肌を作っています。

このサイクルはターンオーバーと呼ばれており、肌の透明感やハリなどを維持するためにも大切なものです。しかし、加齢とともにターンオーバーの働きは徐々に衰えていきます。

ターンオーバーが衰えることで、肌表面に古い角質が残りやすくなったり、肌の層の奥で作られたメラニン色素が排出しにくくなります。こうした状態は美白の大敵であり、ターンオーバーを整えることが美白のためのカギとなりそうです。

ちなみにターンオーバーが活発になると、古い角質が落ちメラニン色素も排出されて美白に良いと言われていますが、このスピードは早すぎてもいけません。

ターンオーバーが早すぎると、表面の肌が未発達のままになってしまい、くすみの原因となる可能性があります。

早いターンオーバーでは、肌の細胞が成長するのが追いつかず、潤いの保持などの正常な働きが出来なくなります。そのため、乾燥して古い角質がはがれ落ちずに分厚くなり、くすみが出やすくなってしまうのです。

 

40代の肌に与えたい美白のための美容法

美白(乳液)

40代から美白を目指すなら、ターンオーバーを整えることを中心としながら、メラニンを作らない美容法が必要です。

美白の敵は角質がたまったことによるくすみと肌の奥に発生するメラニンです。

これを解消することで40代でも明るく輝く肌を手に入れましょう。

 

水分と油分で肌を守る

美白のためにはターンオーバーの正常化が必要であり、さらにターンオーバーを正常にするためには肌を健康に保つことが必要となります。

乾燥すると古い角質をはがれにくくなります。また、乾燥すると肌の細胞がスカスカになり、外部からの異物の侵入を許してしまう恐れがあります。

肌の潤いを守るためには、水分を与えて油分でふたをする基本的なスキンケアが重要です。

ローションで水分を補ったらその蒸発を防ぐためにその上に乳液やクリームが必要となります。これは年代にかかわらず重要なケアの基礎であり、年齢を重ねるごとに衰える肌を健康に保つには必須となるでしょう。

肌を守る成分としては、セラミドやコラーゲンが活躍します。

セラミドではヒト型セラミドを選択すると安心です。

 

正しい洗顔で余分なものを取る

14583505 - woman splashing face with water above bathroom sink

洗顔は汚れを取りさって肌を清潔に保つためのものです。

汚れや余分な皮脂がたまった肌には何を与えても美容成分や水分は吸収できません。そのため、余分なものを取り除くことは重要です。

また、くすみや角質がたまるのを気にして過剰に洗顔するのも良いことではありません。

洗いすぎると肌に必要な皮脂や常在菌(じょうざいきん)までうばい、肌を丸裸にしてしまいます。

洗顔は弱い刺激の天然成分の洗浄剤を使い、摩擦を与えないように泡を使って洗い上げます。

摩擦も肌には大敵であり、強い刺激を与えることで肌を守ろうとする働きによって角質が厚くなるリスクを高めます。

弱酸性の洗顔フォームは肌に良さそうですが、成分が肌に残りやすくなることがあります。

反対に石けんは肌とは違うアルカリですが、洗い流した時に成分が落としやすいので、健康な肌質の人には良い効果を与えることもあります。

 

メラニン予防にはビタミンCを

40代の新陳代謝の低下は、作り出したメラニンの排出を停滞させます。

そのため、最初からメラニンを作らないようにすることも大切です。

ビタミンCはメラニンの生成を抑える働きを持っていて、シミそばかすなどの予防に良い効果を与えます。

ビタミンCはそのままだと壊れやすく浸透しにくいため、ビタミンC誘導体の形になったものを利用します。

 

 

40代の肌に与えたい内側からの美容法

モーニング

 

 

 

 

 

 

40代の美白のための美容法としては、肌に直接与えるだけでなく、内側からのケアも大切です。

ホルモンバランスなども乱れやすくなる時期なので、体の中から健康を目指して肌を健康に保ちます。

 

腸内の環境を整える

体の内側からのケアとしては食事が大切です。

栄養バランスの良い食事やビタミン、ミネラルも大切になりますが、特に注目したいのは腸内環境を整えることとなります。

加齢とともに体内の機能も停滞しますが、腹圧や腹筋も弱くなって腸の働きはさらに悪影響を受けます。

腸内環境をととのえることは美肌に重要であり、そのためには腸内細菌のバランスをととのえることが必要です。

食物繊維や乳酸菌を増やすためには、根菜類や海草、ヨーグルトなどを積極的に摂取するとともに脂の多い肉や油脂を減らしましょう。

 

生活リズムをととのえてホルモンバランスを保持

50532263 - happy girl waking up stretching arms on the bed in the morning

生活リズムは自律神経に作用し、ホルモンバランスに影響を与えます。

40代以降はホルモンバランスが乱れやすい時期でもあり、肌が影響を受けてトラブルをおこしやすくなります。

ホルモンバランスをととのえるためには、自律神経を乱さないような生活習慣が必要です。

早寝早起きを心がけて毎日のリズムを崩さないようにします。

早寝によって成長ホルモンも分泌しやすくなり、肌のターンオーバーをととのえる効果も期待できます。

また、ストレスをためないようにしたり、アルコールやタバコなどもひかえると良いでしょう。

 

 

まとめ

40代の肌は加齢による衰えが見え始め、若いころと同じケアでは効果が出にくくなります。

しかし、美白のための美容法として大切なことは意外と基本的な部分にあります。

加齢による影響を少しでもへらして、透明感のある肌を作るためには肌の状態を健康にするための対策が必要です。

40代からは特に肌の状態が乱れやすくなるため、健康維持を目指してスキンケアから生活まで注意深くととのえましょう。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • アンチエイジング!若返りにおすすめの6つの方法

  • 美容にも良い白湯に一振り”スパイス白湯”で冬を乗り越えよう!

  • 朝8時までに起きて日光を浴びよう!知られざる健康美の秘密

  • 顔がテカテカ!気になる脂にオススメの対策方法は?

  • ホルモンバランスとタンパク質の関係

  • 知らぬ間に抜けている!!女性の髪の抜け毛の原因と対策方法