1. TOP
  2. スイーツ好き女子は要注意!肌の糖化が老ける原因になるって本当?
Sponsored Link

スイーツ好き女子は要注意!肌の糖化が老ける原因になるって本当?

健康管理 栄養 美容
この記事は約 5 分で読めます。 403 Views

甘いものに目がない女性は多いですよね。

スイーツやパンケーキのお店の特集はメディアで随時取り上げられますし、人気のお店に女性が行列を作っているのはよく目にする光景です。

しかし、糖分の摂り過ぎは体に悪影響を及ぼすということはご存知でしょうか。

糖尿病にさえ注意していれば大丈夫と考えている人は注意しましょう。

実は、糖分は肌の老化原因の一つとなっているのです。

肌のたるみやくすみの主原因は、肌が糖化することによって引き起こされているのです。

 

この記事では、肌の糖化がもたらす影響やその解決策、おすすめの食品などをご紹介していきます。

糖分の摂り過ぎや肌の老化が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

糖化とは?

 

糖化とは、血液中の「糖分」が体内にある「たんぱく質」や「脂質」と結合して、肌の老化など様々な疾患を引き起こす現象のことを言います。

 

血液中の過剰な糖分がたんぱく質と結合する過程で、【AGEs(Advanced Glycation End Products:終末糖化産物)】と呼ばれる老廃物を生成します。

この【AGEs】が細胞障害を加速させて老化を引き起こし、肌のたるみやくすみの原因ともなっているのです。

 

取り分け、肌の弾力を維持するために必要なコラーゲンやエラスチンはたんぱく質の一種のため糖化が進みやすく、肌のたるみやシワ、ほうれい線の原因となりやすいのです。

 

また、新陳代謝の衰えも糖化による老化原因の一つとなっています。

年を取るにつれて新陳代謝は低下するため、【AGEs】の排出が難しくなり体内に溜まりやすくなります。

そのため、糖化が促進され、一層老化を早めることにつながるのです。

 

このように、糖分と老化には密接な関連があり、糖分の摂り過ぎは必然的に肌の老化を促すことになってしまいます。

 

糖化を予防するために大事なこと

肌の老化を招く糖化ですが、これを防ぐためにはどのような対策を取れば良いのでしょうか。

 

まず、糖分の多いものを控えるのはもちろんですが、砂糖を極力使わない料理を作ることを心掛けると良いでしょう。

そのためにはみりんなどの調味料としての砂糖を控えることなどが挙げられます。

玉ねぎをじっくり煮込むなど、なるべく素材の甘みを引き出せるような調理法を考えると良いでしょう。

 

血糖値が急激に上昇すると糖化が起こりやすいとされています。

食べる順番を工夫することで、この現象を抑えることも可能です。

野菜など食物繊維が豊富に含まれているものを先に食べておくと、炭水化物や糖分の多いものを食べても糖質の吸収を抑えてくれるのです。

食物繊維⇒炭水化物や糖分の順にしておくと、糖化を抑えることができるでしょう。

 

甘いものが欲しいときはフルーツを選ぶのもおすすめです。

フルーツは、食べ過ぎや空腹時の摂取は糖分の吸収率が上がるのでNGですが、生で食後にゆっくり食べるのであれば、糖化につながることはほとんどありません。

 

どうしてもスイーツが欲しくなった時は、ケーキなどではなくフルーツを適切に摂取するようにすれば肌の老化につながる糖化を抑えることができるでしょう。

 

糖化を防ぐ食品5選

糖化を予防するためにはどのような食品を選べば良いのでしょうか。

糖化を防ぐ働きを抗糖化と呼びますが、この作用が高い食品をいくつかご紹介します。

 

生姜

抗糖化の働きにおいて極めて高い数値を持っているのが生姜です。

インドの研究機関で実施された糖化を防ぐ食材の研究では、糖化作用を防ぐ糖化阻止率が93%という結果となりました。

これは他の食材を引き離して圧倒的1位の数値です。

 

 

キャベツ

キャベツも抗糖化の働きに優れた野菜として知られています。

食物繊維が豊富で、胃腸の調子を整える働きにおいても高いパフォーマンスを発揮しますので、食事の際に取り入れる糖分もしっかりと消化吸収してくれるのです。

 

 カモミール

心地よい香りのハーブとして愛飲者も多いカモミールですが、抗糖化作用も高い食品です。

日本ではジャーマンカモミールが好んで飲まれていますが、抗糖化に優れているのはローマンカモミールです。

食前に飲めばさらに高い効果が得られるでしょう。

 

そば

そばに多く含まれるルチンは抗酸化作用が高いだけでなく、抗糖化作用においても高いパフォーマンスを発揮します。

ルチンは血糖値の上昇を抑える効果において優れており、また、そばは腹持ちが良いのでこれも抗糖化には良い方向に働いているようです。

 

大豆

大豆の成分としてよく耳にするイソフラボン。

この中に多く含まれている水溶性ペプチドには、血中の糖を吸収しやすいレセプターを増やす働きがあるのです。

食物繊維が豊富に含まれていることと相まって、大豆は血糖値の上昇を抑える効果に良い働きを見せます。

 

 まとめ

ここまで、肌の糖化がもたらす影響やその解決策などについてご紹介してきました。

 

糖分が肌の老化に大きな影響を及ぼすことを知って驚かれた人も多いのではないでしょうか。

ただ、身近に糖化を防ぐ食品は多くありますので、有効活用していけば適切に糖分も摂ることができるのです。

 

やみくもに糖分を摂ると肌の老化速度を速め、女性が嫌う老け顔に簡単になってしまいます。

食事の順番を考え抗糖化食品を積極的に取り入れれば、糖化は抑えることができますので、一度日々の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • 塩分の多い食品まとめ!過剰摂取には気をつけよう!

  • アンチエイジング!若返りにおすすめの6つの方法

  • 冬は乾燥する時期 簡単にできるヘアケアってどんなの?

  • 野菜不足を解消したい!野菜がたっぷり取れる簡単レシピ

  • 疲れ顔が気になる!目の下のクマの原因と対策方法

  • 痩せたい!40代のダイエットを成功させるにはこの方法!