1. TOP
  2. カサカサお肌が辛い!あなたにぴったりな乾燥肌改善方法
Sponsored Link

カサカサお肌が辛い!あなたにぴったりな乾燥肌改善方法

美容
この記事は約 5 分で読めます。 226 Views

乾燥肌の悩みはいつの時代になってもつきないものだと思います。

乾燥してしまう肌をもつ女性は多かれ少なかれ必ず存在しています。

秋冬の寒い季節はもちろんのこと、春先の不安定な季節や夏場のエアコンがきいた場所での乾燥などもあり、昨今では一年中「乾燥肌」とつきあわなければならない状態です。

何より乾燥がひどくなっていくと、肌のカサつきから炎症を起こしてしまったりして、敏感肌にまですすんでしまうことがあります。

スキンケアの問題だけではなく、メイクのノリまでも全くうまくいかなくなってしまうと、その日1日のモチベーションにまで影響してくる乾燥肌。

そんな乾燥肌を少しでも改善できる方法はないのか、模索していきましょう!

 

 

Sponsored Link

乾燥肌はなぜおこる?

そもそも乾燥肌はどのようにして起きてしまうのでしょうか?

それは簡単にいうと、肌の水分を保持する能力が落ちるからなのです。

秋冬の湿度がグンと一気に下がったときは、空気が乾燥してしまうことで私たちの肌も影響を受けて乾燥してしまいます。

外気は湿度が下がっているのに対して、私たちの肌からも水分量が失われてしまうことで、乾燥傾向になってしまうのです。

また、外側からの外的要因だけではなく、ストレスや睡眠不足、加齢……といった、様々な要因からも乾燥肌はおこります。

秋冬の寒い季節だけでなく、夏場のエアコン事情などによっても乾燥はおこってくるので、肌がカサついているな~というお悩みは、つきないものなのです。

 

 

肌の乾燥がすすんでいくと、どうなるの?

肌の表面の部分の層のことを「角質層」といいますが、乾燥をおこした肌は、まず角質層がカサついたり、肌荒れを起こしたりといった不調なモードになってしまいます。

元来、角質層の特徴というのは、肌の水分を保つ「保湿機能」や外敵要因から守る「バリア機能」を持っています。

しかし、乾燥を受けた肌のダメージによって、その機能がうまく働かなくなってしまい、肌の不調を引き起こします。

肌の生まれ変わりも正常に行えなくなってしまい、新たな肌も弱い未熟な状態になることで、悪循環となってしまうのです。

そんな状態では、カサつきや肌荒れから、かゆみが生じてしまい手でかいてしまうことで炎症し、ますます深刻な状態にもなりうることも懸念されます。

 

 

まずは外側からのケア!基本はスキンケアをコツコツと

乾燥肌になっている場合は、外側からのスキケアと内側からの改善が必要になってきます。

大切なのは、毎日コツコツと続けるスキンケアです!

洗顔後の化粧水+乳液の保湿はしっかりと行って下さい。

一番確かなのは、スキンケアを購入したメーカーの指示に従って行うことです。

メーカーによって、スキンケアの使い方の若干の違いはありますが、洗顔後に化粧水と乳液をつけるという形は同じです。

その基本的な使い方を変えてみたりすることはNGです。

大切なのは、化粧水を顔のすみずみまで浸透させること。

そして水分蒸発を防ぐためにも、乳液で幕をはることです。

なかには、乳液を毛嫌いしている方もいらっしゃいますが、乳液をつけた方がはるかに化粧水で補ったうるおいを持続させる力が増すのです。

そして私たちの肌の角質層の中では、角質細胞がいくつも重なってできていますが、その肌の角質細胞のすき間をうるおいで満たしているのが、「セラミド」という成分です。

セラミドが充分に足りている肌は、機能の働きもしっかりしているので、乾燥知らずの肌でいられます。化粧水や乳液をこれからゲットする予定の方は、セラミド成分が配合されているシリーズ使いもオススメです。

また、パックなどの他のライン使いもやってみたいところでしょうが、まずは化粧水と乳液の基本のスキンケアを、コツコツと正しく行ってみて下さい。

 

 

内側からは食事で!肌にいい栄養摂取を心がけよう

外側からのスキンケアは、日々コツコツとやっている、というタイプの方は他の要素が絡んで乾燥肌になっている場合もあります。

ストレスや睡眠不足、食事の栄養バランスなど様々なことがあげられます。

食事は特に大切なことで、日頃から甘いものや油っこいものを食べすぎている場合や、夜遅い食事になっている、過食、偏食などの食事の仕方にも問題が。

できるだけ乾燥肌にいい成分が摂取できる食事を意識して摂りたいものです。それでは、乾燥肌にはどんな食べ物から栄養成分をもらうのがベストなのかをみてみましょう。

まず、肌のバリア機能を正常に保つようにしてくれる「セラミド」。

食材ではこんにゃくやブロッコリーに含まれています。バリア機能を正常に保つことで、外的要因からの刺激にも強いお肌になる効果が期待できます。

また、肌の生まれ変わりを促す「ビタミンAやβカロチン」も大切です。

人参やかぼちゃ、うなぎなどにも含まれています。

肌の生まれ変わりが正常に行われていなければ、未熟なままのデリケート肌になってしまうので、意識して食べたい食材です。

さらに、ビタミンB群やビタミンCも肌にとって必要な栄養成分です。肌の皮脂分泌をコントロールし、ストレスの影響も和らげる効果が期待できます。豚肉やささみ、カキや野菜などに含まれています。

 

まとめ

カサカサした乾燥肌は、荒れれば荒れるほど痛みもでてきたりして、辛くなってしまいますね。

少しでも改善できるように、外側からのスキンケアと内側からの栄養摂取を心がけてみて下さい。

また、良質な睡眠をとることや、軽めのストレッチやウォーキングなどの運動も取り入れると効果的でしょう。

日々コツコツと、乾燥に負けない肌に育てていきましょう!

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • 小顔美人になりたい!顔痩せに効果的なマッサージを伝授

  • ホルモンバランスとタンパク質の関係

  • 気になる!しみやそばかすを消す効果的な方法とは?

  • 甘いのが大好き!太らないチョコの選び方や食べ方を伝授!

  • 美肌になりたい!肌荒れを治す方法とは!?

  • 朝8時までに起きて日光を浴びよう!知られざる健康美の秘密