1. TOP
  2. ビタミンEを含む食品の効果は?老化防止にも最適!?
Sponsored Link

ビタミンEを含む食品の効果は?老化防止にも最適!?

健康管理 栄養 美容
この記事は約 8 分で読めます。 208 Views

美容と健康に効果があるというビタミンの中でも、アンチエイジング効果が高く、別名を若返りのビタミンともいうビタミンE。

細胞の老化を防ぎ、シミやしわ、くすみにも効果が期待され、積極的に摂りたい栄養素のひとつです。

ビタミンEとはどのような栄養素なのか、その効果や、ビタミンEを多く含む食品などを紹介していきます。

 

 

Sponsored Link

 ビタミンEとは?

ビタミンEとは

もともとは不妊症の研究がきっかけで発見されたビタミンがビタミンEです。

 

ビタミンは大きく分けて、水に溶ける水溶性のビタミンと、脂に溶ける脂溶性のビタミンとに分けられます。

代表的な水溶性のビタミンがビタミンCです。そして、代表的な脂溶性のビタミンがビタミンEです。

 

ビタミンEは8種類のビタミンの総称

ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの2種類に分けられます。

トコフェロールとトコトリエノールには、それぞれにアルファ(α)、ベータ(β)、ガンマ(γ)、デルタ(δ)の4種類があり、これらをまとめてビタミンEと呼んでいます。

通常、ビタミンEの栄養状態を調べるには、αトコフェロールの量が測定されます。

 

トコフェロールとトコトリエノール

トコフェロールとトコトリエノールの違いは、側鎖(そくさ。鎖式化合物の分子構造で,最も長い炭素原子の連鎖(主鎖)から枝分かれしている部分。また、環式化合物の環に結合している鎖式炭化水素基)の違いによるものですが、難しい話なのでここでは詳しい説明をやめておきます。

簡単にいうと、炭素同士の結合が二重になっているかどうかの違いで、二重になっているのがトコトリエノール、そうでないのがトコフェロールです。

 

トコトリエノールのほうが柔軟性があり、細胞膜への侵入が速く、速効性があります。

 

天然のビタミンEと合成されたビタミンE(d-α-トコフェロールとdl-α-トコフェロール)

ビタミンなどの栄養素には天然と合成されたものとがあります。

サプリメントなどの成分表示をみると、d-α-トコフェロールと表示されているのが天然型、dl-α-トコフェロールと表記名に「l(エル)」が表示されているのが合成型です。

安定化をはかるため、抗酸化にはたらく場所(水酸基)に安定させるための物質をつけているのが合成型ビタミンEです、このため、合成型ビタミンEに抗酸化作用は期待できません。

 

 

ビタミンEの効果は?

抗酸化作用による生活習慣病予防、ホルモン分泌の円滑化、血行改善、抗アレルギー作用などの効果があるとされています。

 

ビタミンEにはつぎのような効果があります。

 

・α-トコフェロール:抗酸化作用、抗炎症作用、酸化ストレス抑制作用など

・γ-トコフェロール:ナトリウム利尿作用

・δ-トコフェロール:抗酸化作用

・トコトリエノール:抗酸化作用、ナトリウム利尿作用、抗アレルギー作用、抗腫瘍作用、抗動脈硬化作用など

 

生理作用と薬理作用

生理作用とは「生命を維持するのに欠かせない働き」をいい、薬理作用とは「積極的に病気を予防し治療する薬としての働き」をいいます。

ビタミンEは、この生理作用と薬理作用の2つの働きを持っています。

 

生理作用

抗酸化作用

ビタミンEは細胞膜の中に多く存在し、細胞を保護する役割をしています。

活性酸素はウイルスから細胞を守る役割をしていますが、この活性酸素が増えすぎてしまうと、かえって細胞を傷つけて(酸化させて)しまいます。

細胞が傷つけられて(酸化されて)しまうと、老化や生活病習慣の原因となります。

 

また、ビタミンEの抗酸化作用は美白、シミ対策にも効果があるとされています。

メラニンが色素沈着を起こした状態がシミです。活性酸素が増加しすぎると、それを除去しようという働きが起こり、その際にメラノサイトが刺激されてメラニンを作ってしまうため、シミができてしまいます。

 

ビタミンEは、このような過剰な活性酸素を除去し、増加を防ぎ、老化や生活病習慣を防ぐだけでなく、シミの発生も抑えてくれます。

 

薬理作用

血管の健康を保つ作用

動脈硬化は、血液の中のコレステロールが活性酸素によって傷つけられ(酸化し)て血管の壁に張り付いてしまうことで発生します。ビタミンEはコレステロールの酸化を防ぎます。

 

毛細血管の血流を良くする

ビタミンEは、毛細血管の血行を良くする働きがあり、このため冷え性や肩こりなど、血流の悪さが原因で起きる症状に効果があります。

 

肌荒れの予防や改善

ビタミンEが、毛細血管を拡げ、肌の隅々まで血液が巡回し肌荒れを予防してくれます。

 

前立腺ガンや胃ガンの予防

ビタミンEは、前立腺ガンや胃ガンの予防に効果があるとされています。

 

コレステロール値を下げる効果

ビタミンEには悪玉(LDL)コレステロール値を下げ、善玉(HDL)コレステロールの値を上げる効果があります。この効果は、トコトリエノールで確認されています。

 

抗アレルギー作用

ビタミンEのトコトリエノールは、ヒスタミンなどを抑制する作用があり、皮膚炎や花粉症などのアレルギー反応を和らげます。

 

ビタミンEの不足による影響

ビタミンEが不足すると、細胞膜が弱まり全身の血行が悪くなります。このため動脈硬化などの生活習慣病やガン、不妊症、溶血性貧血、神経障害、肌のシミやくすみ、肩こりや冷え症などの症状が起こりやすくなります。

 

ビタミンEの過剰摂取と副作用

一般的な食生活でビタミンEが過剰になることはまずありません。

ビタミンEが過剰になると、出血しやすくなり、死亡率が高くなるという研究報告もあります。また、骨粗しょう症リスクが高まるという報告もあります。

サプリメントからビタミンEを摂取するときは、用法、用量をきちんと守るようにしてください。

 

 

 ビタミンEを含む食品のご紹介

ビタミンEを多く含む食品

ビタミンEは、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ひまわりの種、落花生などの種実類、なたね油、サフラワー油、コーン油などの植物油、小麦胚芽や煎茶などに多く含まれています。

また、魚類やマヨネーズなど、幅広い食品に含まれているため、通常の食生活でビタミンEが不足することはほとんどないと言えます。

 

植物油をから摂る

上記のとおり、植物油はビタミンEも豊富に含んでいます。油を使った調理法であれば、食材にかかわらず、比較的容易にビタミンEを摂取できます。

 

なお、古くなった植物油には過酸化脂質が溜まっていて、この過酸化脂質の酸化を抑えるためにビタミンEの抗酸化作用が働いていると、体内に摂取する前にすでにビタミンEの抗酸化作用の効果がなくなっていることもあります。

 

例えば、揚げ物などで同じ油を何度も使っていると黒ずんできますが、これは過酸化脂質によって油が酸化しているためです。

 

ビタミンEを効果的に摂るならば、なるべく新鮮な油を使ってください。

 

ビタミンEの摂り方

食物として摂取されたビタミンEは、キロミクロンというタンパク質のボールに吸収されて運ばれます。タンパク質が不足していると、このボールがつくれず、せっかく摂ったビタミンEを無駄にしてしまうこともあります。

 

また、脂に溶ける脂溶性のビタミンEは、同時に摂取される脂質の量によっても吸収率が変わってきます。

 

このことから、ビタミンEを摂るときは、タンパク質と脂もしっかりと摂取する必要があります。

 

ビタミンCとの相乗効果

ビタミンCをビタミンEと一緒に摂ることで、相乗効果が得られます。

ビタミンEは細胞膜などの脂質が酸化しないよう活性酸素から守ってくれています。

一度、活性酸素を無害化したビタミンEには、活性酸素を無害化する力が無くなってしまうのですが、ビタミンCは、この無力となったビタミンEをもう一度甦らせてくれます。

 

ビタミンEの天敵

ビタミンEは、熱、酸には強いのですが、光、紫外線、鉄などに弱いという特性があります。

 

このため、屋外で働く人や、アウトドアスポーツをする人はより適切にビタミンEを摂取することをおすすめします。

 

また、大量の飲酒も多くのビタミンEを消費します。

 

重曹やスクラルファートを含む胃腸薬、油脂類吸収阻害薬、貧血用の鉄剤もビタミンEの吸収を阻害します。

 

さらに、ニコチンはビタミンEを破壊します。

喫煙者とその副流煙を吸う可能性が高い人は抗酸化ビタミンであるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロチンが欠乏しやすいので、気をつけてください。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

若返りのビタミン、ビタミンEの効果と特徴を理解いただけたでしょうか。

 

ビタミンEは通常の食事から十分に摂取できる栄養素です。どうしても不足していると感じていなければ、通常の食事から摂ってください。サプリメントで補う場合、本文でも説明したように抗酸化作用のある天然型ビタミンEであることを確認してください。

 

また、ビタミンEは他の栄養素の力をかりて代謝されため、ビタミンE単体で摂取せず、複合的な栄養を含む食品から摂取するようにしましょう。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • あなたは正しい栄養を取っていますか?

  • 適度なカロリー制限がもたらす大きな効果とは?健康だけでなく寿命も延びるって本当?

  • スピード勝負!?1週間で痩せる方法でダイエットを達成しよう

  • 最近流行りの酵素ダイエットとは?そのやり方と効果は!?

  • 体脂肪とは何だろう? 健康的な体のためにキチンと理解しよう!

  • 食物繊維の効果が知りたい!食物繊維の多い食品ってたくさんあるよ!