1. TOP
  2. 食べなければ痩せるのは当たり前なの!?正しいダイエット方法を解説

食べなければ痩せるのは当たり前なの!?正しいダイエット方法を解説

ダイエット 健康管理
この記事は約 7 分で読めます。 283 Views

食べないと痩せる、当然のことだと思っていますが、いっぽうで「食べないとかえって太る」ということも耳にします。

一体全体どういうことなのか。

実際のところ食べなければどうなるの?痩せる?痩せない?

今回は食べないと痩せるのかについて考えていきたいと思います。

 

Sponsored Link

食べなければ痩せるのは本当なのか?

 

一般的なダイエットのイメージは「食事を制限すること」

例えば、カロリーの低いものを食べて摂取カロリーを減らすとか、食事の量自体を少なくするとか。

 

「摂取カロリー < 消費カロリー」が痩せる原則ですので、まったく何も食べなければ当然痩せていきます。

いきなり結論づいた話となりましたが、問題はその痩せ方。

 

まったく何も食べない、いわゆる絶食を続けていけば、まず、筋肉が落ち、そして脂肪が落ちていきます。当然、体重も減ります。

ダイエット停滞期で一度体重の減少は落ち着きますが、それを過ぎるとまた減りだします。

 

しかしながら、やみくもに断食を行っても、多くの人のダイエット目的である健康維持(肥満体型の改善)や体型の維持(美しいスタイルへ)とはかけ離れた、不健康で、理想のプロポーションからも離れた体になってしまうでしょう。

これではダイエットとしては失敗です。

 

食べないダイエット方法

では「食べない」と「ダイエットの目的」が相反しないダイエットってあるのでしょうか。実はあるのです。

巷で話題となっている食べないダイエット方法についてご紹介します。

なお、「食べない」と言っても人は何も食べなければ生きていけません。ここで紹介するのは、食べない期間や時間を設ける、3食の中から1食を抜くといった意味での「食べない」を利用したダイエット方法です。

 

断食ダイエット(ファスティング ダイエット)

一定の期間、食事を断つダイエットです。期間は1日から3日程度が多く、また何も口にしないことがきつい人の間ではヨーグルト等カロリーの低い食べ物だけで過ごすというプチ断食ダイエットなども行われています。

もちろん断食と言っても十分な水分補給は行ってください。

18時以降は食べないダイエット

文字通り18時以降は何も食べないダイエットです。

この方法、歌手の幸田來未さんや西野カナさんが実践して話題になっています。

 

一食を抜かすダイエット

朝食、昼食、夕食のうち、一食を抜かすダイエットです。

このうち夕食を抜くやり方がもっとも一般的です。

 

食べないダイエットのメカニズム

それでは、それぞれのダイエットの仕組み(メカニズム)について見ていきましょう。

 

断食ダイエット(ファスティング ダイエット)

脂肪燃焼には順番があります。

一番減らしたい体脂肪は最後、先ずは糖質、グリコーゲン等のエネルギーが優先的に燃焼され、体脂肪は最後に燃焼されます。これは体が体脂肪のエネルギーを飢餓に備えて取っておこうとするため。

断食ダイエットの場合、断食でまずはグリコーゲンを使い切ってしまう。そうなると、体は体脂肪をエネルギーとして燃焼せざるを得なくなる。そのためダイエットに効果があると言われています。

 

断食によって体の代謝が良くなります。

三食きっちりと食べる人の場合、胃腸は24時間ほぼ休みなく活動しています。断食を行うことで、この疲れた胃腸を休ませることができ、また食べ物が入ってこないため、消化、吸収といった作業はは行われず、すべての代謝エネルギーが排泄に使われるため、自然と体内に蓄積された毒素や老廃物を体外へ放出するというデトックス効果が期待できます。

 

18時以降は食べないダイエット

人の体にもっとも脂肪がつきやすい時間帯は、22時から2時までの4時間と言われています。この時間帯に食事をしていたり、また食事を終っていても血糖値が高いままだとすると、脂肪がつきやすくなります。

18時までに食事を終えると22時頃には血糖値も正常になっているので、脂肪を溜めこむことを防止し、肥満予防になると言われています。

 

夕食を抜かすダイエット

夕食を抜かすダイエットも18時以降は食べないダイエットと同様のメカニズムが生じします。加えてもっともカロリーの高い夕食を抜くことで短期間で効果が出やすいと言われています。

 

食べないダイエットの方法と注意点

それぞれのやり方と注意点につについて確認しみます。

 

断食ダイエット(ファスティング ダイエット)

断食ダイエットのやり方

食事をとらないという方法のため、誤ったやり方をすると体に多くの悪影響を及ぼす危険をはらんでいます。また、断食であって絶食ではありませんので、これぐれも誤解のないようにしてください。

また、医療行為としても行われている断食ダイエットですが、個人で行う場合は長くても3日以内にとどめることをお勧めします。

 

断食ダイエットは、準備 ~ 断食 ~ 断食後 の3クールで1セットと理解してください。

準備期間では体の代謝をスムーズしてくれる食物繊維の多い野菜で、また胃腸に負担のかからない消化のよい食品(おかゆや味噌汁など)をとるようにしましょう。

断食中は、水分補給を忘れずに!

断食後も断食前と同様、スープやおかゆ等の負担の少ないものをとるようにし、徐々に通常の食事へ体を慣らしていきます。

 

断食ダイエットの注意点

断食ダイエットでは

栄養不足により

・集中力が低下する

・イライラしやすくなる

・ボーっとする。

・筋肉が減り、基礎代謝が低下して太りやすい体になる(ホメオスタシス)

等のデメリットが生じます。

断食当初の体重減は筋肉が減っている場合がほとんどです。筋肉が減ると基礎代謝が落ち、太りやすい体質になります。その状態で以前の食事に戻すと、代謝されず脂肪となってしまい、リバウンドしてしまいます。

断食中は運動を控え、断食後に徐々に筋肉を回復するよう運動を行う。ホメオスタシスに陥らないよう断食の期間を短く設定するなどしてください。

 

18時以降は食べないダイエット

18時以降は食べないダイエットのやり方

18時以降は食べないのだからといって、それ以前の時間に暴飲暴食をしたのでは意味がありません。それ以外に難しい点はなく、やり方としてはいたってシンプルです。

ただそれだけでは成功しないとの実例もあがっています。

成功者の例をみると、加えて

・朝食と昼食はいつもと同じ、夕食は軽め

・カロリーや栄養バランスに気を付ける

・運動も併用する

が成功の秘訣のようです。

 

18時以降は食べないダイエットの注意点

注意点は、成功例の逆の間食、食べ過ぎに注意することです。

 

夕食抜きダイエットのやり方

 

夕食抜きダイエットのやり方

18時以降食べないダイエットと似ていますが、18時以降は食べないダイエットでは夕食を18時前に済ませてしまい一日三食としますが、この場合は夕食を抜き一日二食とする点です。

夕食を抜くのですから、夕食の

時間帯に間食をしていては元も子もありません。

 

夕食抜きダイエットの注意点

一食抜くため、短期間で成功した場合などリバウンドする可能性があります。ダイエット終了後の夕食は徐々に元の量に戻してください。

また、ダイエット停滞期に陥りやすい点も理解しておいてください。

さらに寝つきが悪くなる傾向にあり、寝初めに大量に分泌される成長ホルモンの量が減ってしまいます。成長ホルモンは脂肪燃焼に欠かせないため、注意が必要です。

 

まとめ

食べないで痩せる方法について、いくつかメリット・デメリットをみてきました。

どれも摂取カロリーを減らす効果はありますが、ダイエットはそれだけでは不十分です。

健康的に理想体型に近づけることが目的ですので、体に無理のないレベルで良いので、ダイエット中も運動を心がけましょう。また、摂取カロリーを減らすことのみにこだわらず、栄養不足や水分不足にも注意しましょう。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • 終戦直後よりも少ない? ダイエット栄養摂取量問題に注目

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 青汁ダイエット!成功させるための豊富な栄養素と効果的な飲み方!

  • ダイエットに使えるもち麦とは!?もち麦の栄養や効果

  • 栄養の摂りすぎは毒となることもあります

  • お腹まわりスッキリ!お腹の脂肪をグングン減らす落とし方とは?