1. TOP
  2. 頑張っているのに…!運動しても痩せない理由を徹底追及!
Sponsored Link

頑張っているのに…!運動しても痩せない理由を徹底追及!

ダイエット 健康管理
この記事は約 6 分で読めます。 141 Views

運動はしているのだけど、なかなか痩せない。よく耳にする言葉ですね。

運動中は普段よりも体を動かしているのですから、当然、普段より多くのカロリーが消費されているはず。

にもかかわらず、痩せないのはなぜ?

ダイエットを目的に運動している人のこのような疑問について一緒に考えてみましょう。

 

Sponsored Link

 運動しても痩せない理由とは?

見栄えを良くしたい、健康のため、人それぞれにダイエットの目的はありますが、これらを達成するために共通していることは「余計な脂肪を減らす」ことです。ところが運動してもなかなか脂肪は減っていかないのは、なぜなのでしょう。

 

有酸素運動(Aerobic Exercise)と無酸素運動(Anaerobic Exercise)

運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。筋肉にかかる負担の違いで有酸素運動と無酸素運動が分けられています。

 

ゆっくりとした動きは筋肉への負担が少ないため、長時間続けることができます。そのため多くの酸素を必要とするので、このような運動は有酸素運動となります。

ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、水泳、ジムなどでよく見るエアロバイクなどが、よく知られる有酸素運動です。

 

いっぽうで、短い時間で一気に力を出すような運動を無酸素運動といいます。筋力トレーニング、ダンベル運動、短距離走、重量挙げなどが、よく知られる無酸素運動です。

 

有酸素運動は酸素を使い、脂肪酸をエネルギー源として、無酸素運動は酸素を使わず、糖をエネルギー源として利用します。

脂肪酸をエネルギー源とする、つまりエネルギーを使えば使うだけ脂肪を燃焼することから、有酸素運動であるウォーキングやジョギング、エアロビクスはダイエットに効果的と言われています。

運動で消費するカロリーって思った以上に少ない

汗をかいて、息をきらして、ダイエットに効果的と言われるジョギングをしたら、たくさんのカロリーを消費し、痩せた気になるものです。

ところで、運動で体重を1kg減らすのにどのくらいのカロリーを消費すればよいのでしょうか。

そのカロリー、およそ7,000kcalと言われています。ではこの7,000kcalとはいったいどのくらいなのでしょう。

60kgの体重の人の場合、およそ120kmの距離をジョギングして消費できるカロリー、これってフルマラソンを3回走るような距離です。まず、常人では達成できない数値ですね。

これはあくまでも計算上の話ですが、それくらい運動で体重を減らすのって大変なことなのです。

 

つまり、運動だけで脂肪を減らすことはとっても大変、運動だけで痩せるのって難しいことなのです。

 

運動するメリットは?

と、ここまで見てくると、ダイエットに運動って意味あるの?と感じてきてしまいますよね。

ところが、これがそうでもないのです。

 

消費カロリーよりも多くのカロリーを摂取した場合、現代人にはやっかいな機能ですが、余った栄養素は脂肪として蓄えられます。

ところが運動して筋肉を動かすと、筋肉の再生や超回復などで糖質やたんぱく質が使われて、栄養素が余りづらくなります。

筋肉を継続して動かす習慣がつけば、糖質の消費効率が上がるので、余計な脂肪がつきにくくなります。

 

また、筋肉は動かしていない時でも常にエネルギーを消費してくれます。それは脂肪の3倍ものエネルギー消費量と言われています。

筋肉を増やせば増やすほど基礎代謝も高まり、太りづらい体質になっていきます。

 

なので運動をして筋肉をつけていくことは、ダイエットにとって効果があるということです。

 

ダイエットできない原因の改善方法のご紹介!

では、運動を取り入れたダイエットを成功させるにはどのような方法があるのでしょうか。

 

実は無酸素運動が効果的!

余計な脂肪をつけない、基礎代謝を高めるには効果的かもしれませんが、ダイエットに必要な脂肪燃焼には向いていないとお話しした無酸素運動、実はダイエットに効果的なのです。

 

有酸素運動の効果が出るには20分以上の運動が必要

20分以内の有酸素運動では血液中のエネルギーが使われている状態で、脂肪燃焼が必要なダイエットにはあまり効果がありません。

20分を超えると体に蓄えられているエネルギーを使いだすため、脂肪燃焼をしてくれます。20分以上継続しないとダイエットにはあまり効果がありません。

 

無酸素運動を有酸素運動と組み合わせることでダイエット効果を向上させます

30秒から1分程度の無酸素運動を行うと、成長ホルモンを大量に分泌できます。成長ホルモンは脂肪を燃焼する効果があります。

成長ホルモンの影響で脂肪が分解され、血液中に「遊離脂肪酸」が放出されます。

20分以内の有酸素運動は、血液中のエネルギーを使うと言いましたが、血液中には成長ホルモンによって分解された脂肪「遊離脂肪酸」があり、これを燃やすので、20分以内の有酸素運動でもダイエットに効果が出るため、とても効率的です。

無酸素運動後に有酸素運動を行うようにしてみましょう

なお、無酸素運動後の有酸素運動のやり過ぎは逆効果、きつくなれば無酸素運動に近くなって効果が薄れてしまうので注意してください。

 

食事療法は必要

しかしながら運動だけでは限界があります。やはりダイエットを行うのであれば運動だけでなく、運動に食事管理を組み合わせることが必要です

食事を管理することで余計な糖質も減らすことができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やみくもに運動するのではなく、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて効果的に行うことがダイエット成功への近道だと思います。

また、食生活をしっかり管理することが大切、運動だけでは痩せられないということもしっかり理解してください。

また、無理なダイエットで体を壊さないよう、くれぐれも気をつけて、健康的な生活を送りましょう。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • 最近流行りの酵素ダイエットとは?そのやり方と効果は!?

  • キュッと引き締まった腰のくびれ!ウエストが細くなる方法を伝授!

  • 美容にも良い白湯に一振り”スパイス白湯”で冬を乗り越えよう!

  • 甘いのが大好き!太らないチョコの選び方や食べ方を伝授!

  • 栄養の摂りすぎは毒となることもあります

  • 糖質制限ダイエットを成功させるポイントって?