1. TOP
  2. 透明感が欲しい!顔のくすみの原因と解消する方法
Sponsored Link

透明感が欲しい!顔のくすみの原因と解消する方法

美容
この記事は約 7 分で読めます。 52 Views

顔がくすんでしまうと、疲れているように見えたり、表情が暗く見えたり、実際よりも老けて見えたりと、あまり良いことはありませんね。

 

くすみの原因はいろいろあります。原因によって改善方法も異なるので、まずは自分が気になっているくすみの原因をしっかりと把握することからはじめましょう。

 

 

くすみとは、一般的に肌のうるおいや透明感、明るさが無くなって、肌が暗く見える状態のことです。

 

顔がくすんでしまうと、肌の柔軟性が失われ、表情が硬く、顔色が冴えず、疲れているように見えたり、老けて見えたりします。

 

このように全体の印象を暗く見せてしまうくすみ、その原因はどんなことがあるのでしょうか。

 

 

Sponsored Link

 顔のくすみの原因は?

 

くすみを原因別に分けてみました。くすみは大きく次の4つに分けられます。

 

乾燥によるくすみ

<特徴>

・肌がグレーがかってみえる

・肌がカサつき、ツヤがない

・暗い印象をあたえやすい

・気温が下がり、乾燥しやすい秋冬に多く見られる

<原因>

・肌のうるおい不足や肌への負担などにより、肌が乾燥しているのが原因。

・肌が乾燥しているために代謝が乱れ、一定期間で剥がれ落ちるはずの角質が残り、ミルフィーユのように重なりあうため、グレーがかって見える

 

紫外線によるくすみ

<特徴>

・肌が茶黒っぽくみえる

・紫外線を浴び続けると起きやすい

・紫外線によるくすみが定着すると、シミなどのエイジングサインにつながりやすい

<原因>

・紫外線や肌への摩擦が原因

紫外線や肌への摩擦などの刺激により、必要以上に作られたメラニンがうまく排出されずに肌に沈着することで起こる

 

血行不良によるくすみ

<特徴>

・肌が青黒くみえる

・不健康で疲れているような印象を与えやすい

<原因>

・疲れやストレス、睡眠不足やからだの冷えなどが原因で血流が低下し、肌の赤みが減少して起こる

 

黄ぐすみ

<特徴>

・肌の色が黄色く、濁ってみえる

・肌のハリや透明感がなくなる

・老けた印象を与えやすい

<原因>

2つの原因があります。

・糖化による場合

糖質(ごはん、麺類、砂糖など)の摂り過ぎが原因

摂り過ぎて体内で処理できなかった糖が、たんぱく質と結びつくことで起こる

・カルボニル化による場合

脂質(バター、マーガリン、肉など)の摂り過ぎが原因。

脂肪の分解物とたんぱく質が結びつくことでおこる

紫外線やストレス、喫煙などが関係することもある

 

 

 顔のくすみを解消し透明感を出す方法

自分のくすみがどのタイプに該当するか確認できましたか。次はタイプ別にその解消方法を紹介します

 

乾燥によるくすみ

充分な保湿

 

しっかりと保湿をしましょう。保湿ケアにはコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド等の成分が有効です。

まず、肌に浸透しやすいヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が入った化粧水を使います。そして、水分の蒸発を防ぐ保湿成分・セラミドの入った美容液や乳液を使いましょう。化粧水で肌に水分を与え、セラミドの入った美容液や乳液を使って、保湿成分を蒸発しにくくします。

 

水分を与えるんだからといって、むやみやたらに化粧水をつけるのは逆効果です。肌面に残った化粧水が蒸発する際に、肌の内側にある水分まで一緒に蒸発させてしまい、余計に乾燥してしまいます。

 

また、肌を守ろうとして、乳液やクリームをたっぷり使うこともよくありません。乳液やクリームの油分が洗顔で洗いきれずに残り、これまたくすみの原因となります。

 

しっかりと洗顔する

 

そういった意味からも洗顔は丁寧にしっかりと行う必要があります。

しかしながら、汚れをしっかり落とそうとして過剰に擦ったり、洗浄力の強すぎるものを使うのは刺激になるので避けたほうがよいでしょう。

よく泡立てた洗顔料でやさしく触れて、擦らないように洗います。強い洗浄成分のクレンジングを使わなくて良いように、べったりとした下地やファンデーションは避けたほうがよいでしょう。

すすぐさいも、丁寧に、擦らないように。シャワーを直接顔にかけるのは肌への負担が大きいので、避けた方がよいです。

 

紫外線によるくすみ

紫外線対策をする

 

過度なメラニンの生成を防ぐため、季節を問わず、曇っていても、紫外線対策を徹底しましょう。

 

肌に摩擦を与えない

 

肌を強くこすったり、叩いたりすると、摩擦によってメラニンが生成されやすくなります。メラニンによるくすみを防ぐためには、肌を触るときにはゴシゴシと強くこするのではなく、優しく触れるようにしましょう。

また、肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、肌が摩擦などによる刺激を受けやすい状態になるため、メラニンが生成されやすくなります。これを防ぐため、しっかりと肌にうるおいを与えましょう。(乾燥によるくすみ・充分な保湿参照)

 

正しい洗顔をおこなう

 

皮脂の成分のひとつ「遊離脂肪酸」は長時間肌に残っているとメラノサイトという色素細胞を刺激し、皮脂ヤケと呼ばれるメラニンによるくすみの原因をつくります。

そのため、正しい洗顔をおこない、余分な皮脂をきちんと洗い流しましょう。(乾燥によるくすみ・しっかりと洗顔する参照)

 

血行不良によるくすみ

 

血行を良くするにはマッサージが効果的と思っている方、たしかに血行は良くなりますが、顔の場合、肌への摩擦や刺激も強く、くすみやシミなどの原因となりがりですので、気を付けてください。

ウォーキングなどの有酸素運動、半身浴などで体を温める、食生活で血行不良を改善するなど、普段の生活のなかで行えることがたくさんあります。規則正しい健康的な生活を行うことで、血行を改善することができます。

 

黄ぐすみ

 

カルボニル化と糖化によって、対処方法が変わってきます。

 

<カルボニル化による黄ぐすみ>

 

・スキンケア(保湿と紫外線)と食事の見直し

 

・スキンケア

カルボニル化による黄ぐすみの場合、保湿と紫外線対策を重視したスキンケアをおこないましょう。

保湿には美白成分が含まれている化粧品が保湿に効果的です。

季節を問わず、紫外線対策を行いましょう。

 

・食事

コーン油やひまわり油、サラダ油、菜種油の過剰摂取は控えましょう。酸化しにくいオリーブオイルやココナッツオイルなどがおすすめします。

また、抗酸化力のあるポリフェノールやビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含むリンゴやニンジン、ザクロ、赤ワインなどを積極的に摂りましょう。

 

<糖化による黄ぐすみ>

 

糖化による黄ぐすみの場合、食生活を改善しましょう。

 

摂り過ぎた糖分がタンパク質と結びついて糖化の原因となります。

これを避けるためには;

 

①糖質を控える

ケーキやお菓子などの甘いものを過剰に摂取すると、糖化による黄ぐすみの原因となります。甘いものを過剰に摂取するのは控えましょう。

 

②食べる順番を意識する

血糖値の急激な上昇と糖質の吸収を抑制するためにも、食べる順番を意識しましょう。

白米などの炭水化物は血糖値を急激に上昇させるため、最初は野菜や海草類、次に魚や肉などのタンパク質を食べ、炭水化物は最後のほうに食べるようにしてください。

このように食べる順番を意識することで、血糖値の上昇をゆるやかにして糖化を防ぐことができます。

 

 

コントロールカラーで肌のくすみをカバー

 

肌の色補正を行う下地のことをコントロールカラーと言います。

くすみや、クマ、シミ、ソバカスなどを消したり、血色感を出したいときなどに使います。

いろいろな色がありますが、くすみには暖色系の温かみのある色が効果的と言われています。

 

 

まとめ            

紹介した解消方法に気を付けながら、生活習慣を整えていきましょう。

健康な肌を保つには規則正しい生活を送ることが大切です。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • 健康的な髪に!細い髪の毛を太くする方法7つ

  • えごま油を飲むダイエット!おすすめの飲み方や効果は?

  • スイーツ好き女子は要注意!肌の糖化が老ける原因になるって本当?

  • 疲れ顔が気になる!目の下のクマの原因と対策方法

  • 入浴方法で変わる!?乾燥肌の対策ができるお風呂の入り方!

  • 寒い冬の季節に最適なダイエット!?「スープクレンズ」を始めるなら今!