1. TOP
  2. すすんで摂りたい!ダイエットに最適な脂肪分解酵素とは?
Sponsored Link

すすんで摂りたい!ダイエットに最適な脂肪分解酵素とは?

ダイエット 健康管理 栄養
この記事は約 8 分で読めます。 205 Views

脂肪分解酵素って知っていますか?そう、文字通り脂肪を分解してくれる酵素、ダイエットを成功させたいのであれば知っていて損はないかと思います。

この酵素、体の中で作り出すことができます。そして、自然の食材から摂ることもできます。

それでは脂肪分解酵素について見ていきましょう。

 

 

Sponsored Link

 脂肪分解酵素とは?

酵素って何?

簡単に言ってしまえば、食べ物を消化するのに欠かせないもの、そして体内に栄養として摂りこむのに欠かせないものです。

これを「消化酵素」といいます。

たとえば、

ご飯を食べたとき、唾液に含まれる酵素(アミラーゼ)がデンプン(糖質)をブドウ糖に分解します。

お肉を食べたとき、胃液に含まれる酵素(プロテアーゼ)がタンパク質やペプチドをアミノ酸に分解します。

バターは、すい液・胆汁・小腸液に含まれる酵素(リパーゼ)が脂質を脂肪酸に分解します。

このように消化酵素によって分解された栄養が腸で体内に吸収されます。

 

また、消化され、吸収された栄養素を体中の細胞に運び、効果的に働く手助けをするのも酵素です。

さらには体の中の毒素を汗や尿として排出したり、肌を新しく生まれ変わらせる細胞を修復したり、神経やホルモンのバランスを調整したり、解毒などもします。

これを「代謝酵素」といいます。

 

人の体内にはおよそ3,000種類もの酵素があると言われています。

ところが、ひとつの酵素はひとつの仕事しかできないのです。

先ほどの例でいえば、アミラーゼはデンプンしか分解できません。タンパク質を分解するにはプロテアーゼが必要となります。

 

構造的にみると、酵素はミネラルの周りにタンパク質が巻きついたものです。

そのため、熱に弱いという特性をもっています。

わかりやすい例をあげると、玉子の白身、生卵では透き通ってどろどろしていますが、ゆで卵にすると白く固まります。

このように酵素も熱をくわえられると、タンパク質が変性してしまい酵素でいられなくなってしまいます。

脂肪分解酵素

消化酵素の例で挙げた中のひとつ「リパーゼ」が脂肪を分解する酵素です。

このリパーゼ、役割ごとに3種類にわけてみます。

 

脂肪を脂肪酸に分解するリパーゼ

食べ物に含まれる脂質(油分)はリパーゼによって、グリセリンと脂肪酸に分解され、血液中に放出されます。

血液中に放出されたグリセリンと脂肪酸はそれぞれがエネルギーとして使われます。

 

血液の中にある中性脂肪を脂肪細胞に取り込むリパーゼ

血液中に放出されたグリセリンと脂肪酸が、エネルギーとして使いきられず、余ってしまった場合、グリセリンと脂肪酸は再び結合し、中性脂肪となります。

この血液中の中性脂肪は、リパーゼによって再び分解され、エネルギーとして使われるようになりますが、ここで分解された脂肪酸が、エネルギーとして使われないと、リパーゼによって血液中からすくいあげられて脂肪細胞へ取り込まれます。

この再び中性脂肪を分解し、また脂肪細胞へ取り込む活動を行うリパーゼをリポ蛋白リパーゼといいます。

 

脂肪細胞から中性脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解して血液中に戻すリパーゼ

このリパーゼをホルモン感受性リパーゼといいます。その名のとおりホルモンからの指示があって活性化するリパーゼで、脂肪細胞内に存在します。

ホルモン感受性リパーゼが活性化するパターンは、大きく分けて2つ、空腹の時と運動している時です。

 

脂肪分解酵素リパーゼの中でも、このホルモン感受性リパーゼがダイエットのキーとなります。

 

 

脂肪分解酵素を多く含む食品をご紹介!

体内で作り出すことができる酵素ですが、食品からも摂ることができます。

脂肪分解酵素リパーゼを含む食品を紹介します。積極的に摂って、酵素不足を補いたいところですね。

 

果物

アボカド、イチゴ、オレンジ、グレープフルーツ、スイカ、梨、さくらんぼ、イチジク、プラム、ミカンなどの柑橘類など

 

アボカドは脂肪分が多いのですが、リパーゼも豊富に含んでいるため、自分で自分を消化してくれています。

 

野菜

トウモロコシ、ほうれんそう、カリフラワー、明日葉、セロリ、ニンジン、大根、キュウリ、トマト、ピーマン、パプリカ、ズッキーニなど

 

特に大根にはリパーゼが多く含まれています。また、大根はたんぱく質分解酵素も豊富に含んでいますので、肉などの脂肪分が多い料理に適しています。

 

脂肪分解酵素目的で摂るなら、これらの野菜・果物は生食が基本です。

火を通してしまうと、酵素は熱で失活してしまうからです。

生野菜サラダやフレッシュフルーツとして食べると良いですね。

 

その他

納豆、チーズ、塩麹、味噌などもリパーゼを含む食品です。

 

 

どんな食べ方を取り入れたらいいの?

どのように食べたらよいの?

酵素の説明の中でも触れていますが、酵素は熱に弱い特性があります。

そのため、酵素を摂る目的なら、これら食品は基本、生食です。

生野菜サラダ、フレッシュフルーツとして食べるのが良いです。

また皮にも酵素を含んでいるため、皮ごと食べる方が効果的です。

 

また、酵素は野菜や果物の細胞の中にあるため、そのまま食べるよりもすりおろして食べる方が効果が高く、すりおろしていないときの2倍も酵素が活性化しているといわれています。

たとえばリンゴのすりおろし、大根おろしなど。

また、数種類の果物や野菜を組み合わせてスムージーにすると、酵素も摂れてお手軽ですよ。

朝の忙しい時間に重宝しそうです。

 

発酵食品のお味噌。

加熱処理されていることが多く、酵素を効率的に摂取したいのであれば「生味噌」と表示されたものを選んでください。

なお、味噌汁など加熱してしまうと酵素は死んでしまいます。

 

 

 リパーゼを活性化するには

中性脂肪を分解し、分解されたグリセリンと脂肪酸をエネルギーとして使えるように血液中に送り出すホルモン感受性リパーゼが活性化するのは空腹の時と運動している時と説明しました。

ところが、ホルモン感受性リパーゼを活性化させる物質があるのです。それはアドレナリン。

ご存じのとおり、アドレナリンは、ホルモンの一種で、興奮していたり、ストレス状態のときに分泌されます。

このアドレナリンが、ホルモン感受性リパーゼに働きかけ、ホルモン感受性リパーゼが活性化して、貯めておいた中性脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解し、血液中へ送り出され、エネルギーとして使われることで、脂肪が落ちることになります。

 

理屈はそうですが、人はそうそう興奮状態にはならないですよね。

そこで、登場するのがカフェインです。

カフェインを摂取すると、交感神経系が優位になり、アドレナリンとノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。

分泌されたアドレナリンがホルモン感受性リパーゼを活性化して、どんどん脂肪を分解し始めます。

 

そのため、有酸素運動を行う前にカフェインを含む、たとえば緑茶やコーヒーなどを飲むと効率よく脂肪を燃やせます。

 

※こんな記事も読まれています

緑茶に含まれているカテキンの期待できる効果・効能7選!

コーヒーが脂肪燃焼させるって本当!?その効果は?

 

ふつうは有酸素運動を開始してから20分くらい経過しないと、脂肪は燃えないといわれていますが、緑茶を飲んでから有酸素運動をすれば、開始後すぐに脂肪が燃焼していくというわけです。

 

 有酸素運動を行うタイミングは

ホルモン感受性リパーゼの仕組みを理解したうえで考えますと、空腹時に有酸素運動を行うほうが効果的となります。

たとえば朝食前などは効果的な時間となります。

ただし、空腹時に激しい運動は控えた方がよく、おすすめなのはウォーキングなどの軽い運動です。

 

筋トレ後には、有酸素運動を行うのも効果的です。

筋トレの直後は、交感神経が優位になり、アドレナリンとノルアドレナリンが分泌されため、ホルモン感受性リパーゼが活性化されます。

ただし、ホルモン感受性リパーゼは中性脂肪を分解するだけですので、筋トレだけで終了しては意味がありません。

直後に有酸素運動などによって燃焼しないと、元の脂肪細胞に逆戻りしてしまいます。

 

まとめ

いかがでしたしょうか。

脂肪分解酵素を有効に活性化し、より効果的なダイエットができるといいですね。

 

参考:最近流行りの酵素ダイエットとは?そのやり方と効果は!?

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

  • バナナの栄養をまるごとご紹介!美容やダイエットにも効果が高い!?

  • しっかり野菜をとっていても、栄養素は足りない可能性があります

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • 発症前に対策を!花粉症で現れる7つの症状と対策方法の基本!