1. TOP
  2. 豆乳ダイエットの方法は?効果的な正しい飲み方とは!?
Sponsored Link

豆乳ダイエットの方法は?効果的な正しい飲み方とは!?

ダイエット 健康管理 栄養
この記事は約 5 分で読めます。 128 Views

豆乳を飲むだけで、痩せられる方法がある?

豆乳には、どんな効果がある?

 

豆乳の効果と、その方法について、くわしく説明します。

 

 

Sponsored Link

豆乳ダイエットとは?

豆乳ダイエットとは、決まった期間や、時間に豆乳を飲むというダイエット方法です。

 

そのほかには、決まった食事制限や運動方法などもありません。

豆乳を飲むだけという、とても簡単なルールです。

 

豆乳を飲むだけで痩せられるヒミツには、豆乳の栄養成分が深く関係しています。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンとよく似た構造を持っていることがわかっています。

 

女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンという2種類があります。

 

プロゲステロンとは、妊娠を助ける働きをするホルモンです。

また、脂肪や水分を貯める働きもあるため、生理の前にはダイエットの効果が低い原因になります。

 

エストロゲンとは、脳の視床下部から指令を受けて、卵巣で作られるホルモンのひとつです。

 

エストロゲンの分泌が減ってしまうと、イライラしたり、食べ過ぎてしまったりということが起こります。

 

また、顔のほてりや、ホットフラッシュと呼ばれる急に大量の発汗が起きてしまうなどの、更年期障害の原因になるとも考えられています。

 

大豆イソフラボンを摂ることによって、エストロゲンを補って、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

 

ビタミン

豆乳には、いろいろな種類のビタミンが豊富にふくまれています。

ビタミンEは、血行を促すことによって新陳代謝を活発にしてくれます。

ホルモンの分泌を活発にしたり、肩こりを緩和したりする効果も期待できます。

 

そのほかに、ビタミンB1やB2、B6は、お肌のキメを整えたり、集中力をアップしたりする働きをします。

 

マグネシウムやカリウム

マグネシウムは、ホルモンを分泌する臓器や、神経、血管などの働きを調整します。

カリウムは、血圧を安定させたり、細胞を活性化させたりする働きがあります。

 

鉄分

豆乳には、同じ量の牛乳の約10倍以上の鉄分が含まれています。

 

そのほかにも、必須アミノ酸やレシチン、リノール酸など、カラダの働きを促す成分が豊富に含まれています。

 

生理の前に、プロゲステロンの働きが優位になり、水分をためこみ、脂肪を増やそうとする時期に、豆乳を飲んでエストロゲンを摂取することによって、プロゲステロンの働きを抑える効果が期待できます。

 

 

効果的な正しい飲み方をご紹介

豆乳ダイエットの効果的な飲み方を3つ紹介します。

 

生理前の7日間だけ豆乳を飲む

豆乳に含まれる大豆イソフラボンの、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする効果を利用します。

 

生理前にプロゲステロンが優勢になり、脂肪や水分をためこもうとする働きを、豆乳を摂ることによって抑えます。

そのため、本来体内にある脂肪を使うことで、痩せる効果を得られます。

 

生理前のホルモンの仕組みを利用するため、この方法にはひとつだけ欠点があります。

 

それは、生理の前の時期以外は、豆乳を摂取しないと言うことです。

そのため、継続的に効果を得たい場合には向いていないのです。

 

食事の前に豆乳を飲む

朝、昼、夜の食事30分前に、豆乳を飲みます。

 

豆乳に含まれる成分によって、脂肪の吸収を抑えたり、満腹中枢を刺激されたりすることによって、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

 

食事の前に豆乳を飲むほかは、普段通りの食事ができるので、ストレスを感じることなく続けられます。

 

おやつや間食の代わりに豆乳を飲む

ちょっと小腹が空いたときなどに、豆乳を飲む方法です。

 

豆乳は温めることで甘味が増します。

そこで、お菓子の代わりに豆乳を飲んで、甘いものを食べたい欲求を満たすこともできます。

 

お茶やコーヒーの代わりに、温めた豆乳を飲むこともおすすめです。

 

調整豆乳の方が飲みやすいのですが、無調整豆乳のほうが効果はたかいようです。

 

豆乳ダイエットの注意点

ダイエット効果を期待できる豆乳ですが、注意しなければならないこともあります。

 

豆乳は栄養が豊富なのでカロリーが高く、飲み過ぎてしまうことで、ダイエット効果を得られなくなってしまう恐れがあります。

いちご味やバナナ味など種類も豊富ですが、成分表などを確認して糖質の低い豆乳を選ぶようにしましょう。

早く痩せたいと思って、たくさん飲んでしまっては、逆に太ることに繋がるので、豆乳を飲む量は、1日300mlまでにしましょう。

 

 

まとめ

豆乳ダイエットについて、おわかりいただけたでしょうか。

 

栄養豊富な豆乳は、ダイエット効果はもちろんですが、健康を維持するためにも効果が期待できますね。

 

普段の食生活に豆乳を取り入れて、美しく健康なカラダを目指しましょう。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

グッドバランス|ダイエット、健康・栄養管理に関する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

年を重ねて、ますます美しく生きるための、手助けにならんことを願って。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン全13種類の役割!健康や美容の潤滑油

  • 低糖質なメニューはこれだ!コンビニでも買える食べ物は?

  • ぶち当たる壁!ダイエットの停滞期を上手に脱出する方法5選!

  • 美肌効果あり!肌がきれいになる食べ物5つ

関連記事

  • あなたは正しい栄養を取っていますか?

  • トマトジュースできれいに!効果や効能をまるっとご紹介

  • 善玉菌を増やす方法とは。明日の健康につながる4つのキーワード

  • すすんで摂りたい!ダイエットに最適な脂肪分解酵素とは?

  • 豆がおいしくなるレシピで基礎代謝を向上させよう!

  • キュッと引き締まった腰のくびれ!ウエストが細くなる方法を伝授!